9月23・24日は熊本で読み聞かせライブツアーに行ってきました

みなさん、こんにちは!
9月23日・24日は、店主のひでが熊本に読み聞かせライブツアーにいきました。

 

まず、9月23日は大津町「えほんマルシェ」

 

熊本地震の被害が大きい地域、大津町。
熊本地震の起きた昨年から、絵本を無償支援したり、
店主のひでが幼稚園などに読み聞かせにいったりしています。
その大津町で開かれる、1年に1度の「えほんマルシェ」。
昨年より、ご招待をうけたひでが読み聞かせライブのために登場します。

絵本をテーマにした、あそび心いっぱいのブース。

 

 

みているだけでもわくわくしますね☆
どれも、地域のお店さんが、地域のこども達のために、
とがんばってつくったブースやグルメ。

 

 

えほんマルシェの真ん中では、大きな虹のアーチのステージで、
ひでが読み聞かせライブ!

続いて、紙芝居師ぐれっちさんの紙芝居!

 

 

大津町が生んだヒーロー・オハナシマンの読み聞かせ!

今年も思い出深い絵本マルシェになりました。
熊本にいらっしゃる、こども古本店のファンの方々が次々訪れて下さり、
いろんな出会いが生まれ、本当にうれしい一日でした。

熊本のこども達は、本当に「ありがとう」に心がこもっています。
読み聞かせがおわった後は、一人一人、こちらにきて「ありがとう!」と言ってくれました。
都会にはなかなかない光景かもしれません。

絵本マルシェの最後の読み聞かせは、ひでによる、
「ママのための読み聞かせライブ」。
こども達のために、このイベントにきてくれたママへ、
そっと心を楽しませる、ひでからの素敵な読み聞かせのプレゼントです。
涙を流してくれたママもいらっしいました。

大津のみなさん、また来年、会いましょう!

 


9月24日は荒尾市「九州荒尾オリーブ村」

 

 

9月24日は、九州荒尾オリーブ村・古民家の中で読み聞かせライブを行いました。

 

 

古民家の中には、素敵な雑貨たちが並び、

 

ゆったりとした時間が流れ

 

「おとのわ」さんによる優しいmusicライブが流れます。

 

 

そんな中で開かれた絵本と紙芝居の読み聞かせライブ。
この日は、いつもの楽しい読み聞かせにプラスして、
大人も楽しめる、「絵本の秘密」。

林明子さんの「はじめてのおつかい」「とんことり」などに隠された
絵本の秘密のお話しをし、
「ぐりとぐらとすみれちゃん」が生まれることになったエピソードを紹介。
隠された秘密やエピソードをしってから、涙を流す大人の方もみえました。

 

さあ、店主ひでの熊本読み聞かせライブツアーはこれで終了。
たくさんの人、たくさんの笑顔に出会えた二日間でした。

絵本はこどもと大人だけでなく、
人と人をつなぐツール。
本当に素敵な出会いをありがとう!

 

また、熊本に遊びにいきまーす!