被災地より

みなさん、こんにちは!
こども古本店が被災地に「それでも、絵本を。」というメッセージとともに
お送りしている寄付絵本。

私たちが純粋に思っていることを文章にしたのがこのメッセージです。
このメッセージに共感をいただいた方がとても多く、

「涙がでました。」
「がんばってください!」

という嬉しいエールが数多く送られてきました。

それでも、絵本を。

被災地・熊本から寄付の要請も多くきています。
避難所で不安がっているこども達に、絵本を読んであげたいという大人たち。
幼稚園も図書館もすべて閉まってしまい、余震で眠れない毎日を過ごす、ご家庭。
熊本で家を失い、他県へ避難している親子。

多くの人から、切実な言葉をともに、絵本寄付の要請を受けます。
どれも、こども達の希望を忘れない、真剣な大人の声。

そんな皆さまの切実な想いにすぐにお答えするため、
こども古本店は全力をあげて、一つの要請につき50冊の絵本をお送りしています。
どれも、綺麗にクリーニングされたリサイクル絵本。
続々と、被災した皆さまのもとへ届いています。

うち、被災された方からひとつのメッセージが届きましたので紹介します。
熊本市に住む、3歳の男の子をお持ちのママ。
ママは保育士をされていて、絵本のある環境をとても大切にされています。
幼稚園がはじまらず、図書館のある区役所は避難所となり、
余震に怯える毎日。
その中で、私たちへ切実なメッセージとともに寄付絵本の要請を
いただきました。

 

 


 

13083165_960677764045525_7023515556886243885_n

<熊本県熊本市・Kさま>

こども古本店さんから、沢山の絵本を頂きました
震災があり、1週間が経ちましたが、まだまだ不安な日々が続いています。
そんな中、少しでも不安を和らげてあげたいと、沢山の種類の絵本が届きました‼
状態もすごく綺麗で、ママは感動しました(;_;)
大好きな絵本を沢山頂き、息子もご満悦です!

 


 

 

余震の不安で怯えているこどもが、こんな素敵な笑顔をみせてくれるなんて・・・!
私たち、うれしすぎて・・・。

私たちのように小さな会社、小さな店が、
毎日たくさん寄せられる寄付絵本の要請に全力で対応するのは、
簡単ではありません。

でも、私たちのやっていることは、
じわじわとであるが、被災地のこども達のためになっている。

励みになりました。
さあ、明日からもがんばろー!


 

“被災地より” への 4 件のフィードバック

  1. はじめまして
    絵本大好きおばちゃんです。
    今回の地震で自分の家が被災しながらも子どもたちだけではなくて大人にも笑顔になってほしい!元気になってほしいと支援物資を抱え絵本の読み聞かせを頑張ってるオハナシマンこと、坂本健一さん、先日宮崎の新富町に新しくオープンした図書館にも読み聞かせに来てくださりたくさんの笑顔を頂きました。
    自宅の絵本も大半がダメになったそうです。言葉で伝えられないほど感動してます。絵本の力が広がりますように

  2. 「それても絵本を」のメッセージに心から共感し、また私自身の人生の核としている想いとも重なった為、コメントさせて頂きます。
    恋をすると世界が美しく見える現象をスタンダールは「ザルツブルグの小枝」と喩えましたが、文学も同じ役割を担っていると思います。
    言葉の力、文学の力は、世界や自分を愛する方法を教えてくれる。そう信じています。
    文学が軽視されがちな日本の現状ですが、こんな時代だからこそ、不安と戦う東日本や熊本の方々がいる今だからこそ、言葉の力が広がり、優しい国になれますように。そんな仕事をしていかなければと、改めて思わさせて頂きました。

  3. こんにちは!
    お返事が大変遅れてスミマセン・・・。
    つい今、気づきました。

    オハナシマンさんには先日、50冊の絵本を支援させていただきました。
    そのように喜んでくださっていたとのこと、こちらこそうれしいです。

    震災に負けずに、こども達のために立ち上がって絵本を読むオハナシマンの姿をみて、
    人々を勇気づけられるのではないかと思ってます。
    その力に、少しの力添えになれたなら嬉しいです^^

  4. こんにちは!
    お返事が大変遅れてスミマセン・・・。
    つい今、気づきました。

    「それでも、絵本を。」
    のメッセージに共感いただけたとのこと、うれしいです。
    僕らの魂を文書にしたようなメッセージです。
    齋藤さまも、本を通じて素晴らしい体験をなさったのでしょうね^^

コメントは受け付けていません。