読まなくなった絵本を再生し、次のこどもたちにお届けするこども古本店。
その絵本は、どんな場所から届けられているのでしょうか?
ここでは「こどもオフィス」と呼ばれる、わたしたちの小さな仕事場を見ることができます。

ここは愛知県の五条川。
 春は千本桜が咲き誇る、日本のさくら100選の名所です。

がたんごとん、がたんごとん、
 桜と菜の花に彩られた赤い名鉄電車が駆けていきます。

のぼり屋さんが、端午の節句にむけてこいのぼりを洗う姿は、
 五条川の春の訪れを告げる風物詩。
 こいのぼりは、五条川のシンボルです。
 そんな、のどかでやさしい五条川沿いに、こどもオフィスはあります。


さあ、「Kodomo office」と
かかれたドアを開けてみましょう。

そこに広がるのは・・・?

おもちゃ箱をひっくりかえしたような、絵本の部屋です。

大きな窓の向こうに広がるのは、五条川の桜並木。
 五条川からの小鳥と風の音の心地よい音楽が、絵本たちに休息をあたえてくれます。


オフィスに並ぶ絵本には、”こころ”があります。

クリーニングを終え、ホームページにアップされた絵本たち。
 丁寧な状態で管理され、ご注文をまちます。
 彼らは、前の持ち主との記憶を宿しながら、次の出会いをまっています。


Check!

棚の絵本をよくみてみましょう、すべての本にシートが挟み込んであるのがわかります。
 これは、絵本を一番よい状態でおとどけするための管理シート。
 絵本の状態ランク表記、クリーニングのチェック、担当者の表示など、
 一冊一冊をていねいに管理させていただいています。
 また、棚の定期清掃も欠かせません。


デスクの前の、この写真は?

”私たちの仕事の向こうに、こどもたちの笑顔がある”

そのことをいつでも確かめられるよう、デスクの前にこどもたちの写真を掲示しています。
 どちらの写真も、こども古本店から送られた絵本を手に取って喜ぶ、こどもたちの写真。
 絵本への丁寧ないたわりも、いつも心がけている思いやりを持った対応も、
 すべてはこの笑顔のためなのです。


オフィスに散りばめられた、絵本の世界。

こどもたちにおもちゃが必要なように、絵本たちにもあそび心が必要です。
 こどもオフィスでは、細部にさまざまな絵本の世界が再現され、訪れる絵本たちを楽しく迎えます。

おや、このちょっと変わったねずみたちは・・・?

あの名作まで、絵本たちをお迎えしてくれます。
 じゃあ、この木はきっと・・・?

あらっ、楽しそうななかよしのふたり・・・⭐︎

あのくまさんたちが、楽しそうに暮らしていますね!

お客様のおもてなしは、彼らがお出迎え。

窓際には、電話番をする少年。
 おひさまの下で気持ちよさそうですね。

オフィスを出て、
この窓の向こうへ行ってみましょう。

ぽかぽかとあたたかい陽気の日には、私たちも、
 オフィスの外に出て地域のこども達と楽しく過ごします。
 こども古本店のおはなし会。
 あなたもいつか、こどもオフィスに訪れてみてくださいね。

「絵本を読みながら決めたいのですが」

ぜひオフィスにお越し下さい。オフィスでの絵本閲覧・購入は、予約制で承っています。
じっくり選んで頂いて結構ですし、その場で手軽に購入できます。

電車でお越しくださるなら

最寄り駅は名鉄犬山線の「西春駅」又は「徳重名古屋芸大駅」
駅から距離がありますので、車での送迎をしています。

車・その他でお越しくださるなら

住所:愛知県北名古屋市鍛冶ヶ一色東二丁目23番地ルーエンハイムB105

※カーナビで調べる場合、カーナビの年式によって上記の住所が調べられない場合があります。
  その場合は下記の住所をご入力ください。

住所:愛知県北名古屋市鍛冶ヶ一色池田8ルーエンハイムB105


優しい時間の流れるこどもオフィスから、
今日もあたたかい絵本をお届けしていきます。